モモとはじめるワンコLife

 

ペーター ありがとう

Edit Category ペーター
ひよこ夫です。

いつも妻ひよこのブログをご覧頂きありがとうございます。

特にコメント頂いている方々にはアドバイスや応援を頂き、

本人も不慣れな育犬の励みになっています。


さて、今回私が綴るのは、実家で飼っているシェットランドシープドックのペーターについてです。

タイトルでお気づきのことと思いますが、今月初めに急に体調を崩し

10月5日、回復することなく永眠致しました。

11歳と5ヶ月でした。

その数日前に実家に帰った時はいつものように元気だったので

突然の、そして少し早い別れに家族も深い悲しみに包まれました。

ペーター

ペーターは犬嫌いのひよこが唯一触ることの出来る犬で、

ペーターの存在がなければモモを飼う事もなく

モモと私たちが出会うきっかけをくれた大切な存在でした。

いずれモモが散歩出来るようになったら、真っ先にブログで紹介しようと

思っていましたが、それも叶わぬ夢となりました。



10月5日、突然の知らせにただ悲しむばかりで、私も妹も会社を早退しペーターの元へ駆けつけました。

まるで眠っているかのようなペーターを見て涙があふれ、年甲斐もなく号泣しました。


決して仲が良いとは言えない我が家が、ペーターが来てからは笑顔の絶えない明るい家庭に変わりました。

一体ペーターにはどれほど多くのものを貰ったんだろう?

果たして自分たちはペーターがしてくれた事に対して、どれほどの事をしてあげれたんだろう?

普段は精一杯触れ合っていたつもりでも、別れの時は後悔で自問自答していました。


周りから見ればペーターはペットですが、私達にとっては家族でした。

自分はすでに実家を出ていますが、両親にとっては普段そこにいたペーターがいない事は、

ことのほかさびしいようです。

朝の散歩を催促しに、6時に父の寝ている布団の上で飛び跳ねるペーター。

母が体調を崩した時、いつもは決して入らない和室に入り、母の横で見守っていたペーター。

外出から戻ると、出迎えてくれるのは家族ではなくペーターでした。


今は悲しむことしか出来ません。

悲しんで悲しんでひたすら悲しんで、悲しむことに飽きたら、そうすれば

きっと楽しい思い出だけが溢れる事と思います。


私たち夫婦も今はまだ考えられない、いずれ訪れるモモとの別れの時に後悔しないよう

今回ペーターが教えてくれた大切なことを胸にこれからの生活を過ごしたいと思います。


ペーター、ありがとう。

天国で私たちを見守っていてください。





にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Newer Entry生後3ヶ月目の体重

Older Entryケアグッズ

Comments
 
こんばんわ
お気持ち とっても良くわかります。
わたしも 一生分の涙を流しました。
うちの場合は本当に突然 虹の橋に行ってしまったので 現実を受け止める事が中々できませんでした。
ペーターちゃんの 事を いっぱい思い出してあげる事が 供養になると思います。そして 何時までも心の中で生き続けて行くのだと 思いますよ これからも ずっと・・・
 
 
ペーターちゃんの、ご冥福をお祈りいたします。

我が家も、息子が大学入試、娘が高校の入試、というころに、小雪が、家族になりました。
家にかえれば、部屋から出てこない年頃でしたが、
犬がいることで、帰宅すると、犬に声をかけるのこ声で、こどもたちの様子をさぐる。そして、子どもたちも、ほっと、息抜きするには、いい相手だったと思います。
家族ですよね。かけがえのない家族です。

ペーターちゃんは、たくさんの、宝物を、家族の心に残してくれたのですね。
 
 
ペーターくん
きっと 楽しいわんこ人生だったことでしょう
家族みんなに 愛された毎日だったのですから

我が家の先代ポメは 12歳8ヶ月で亡くなりました
子供達と一緒に成長し よい末っ子でした
半年の闘病生活が これでよかったのか
みほは幸せだったのか 考えずにはいられなかったです

みほが虹の橋を渡って 2年半後にらいを迎えました
きっと みほも喜んでくれていると思っています

今はペーターくんを思うだけで いいのではないでしょうか?
そして ひよこ夫さんもお気づきのように
モモちゃんとの限りある生活を 大切に過ごすことが
ペーターくんの供養ではないかと思います

天国のペーターくん みほにあったらよろしくね!
楽しい虹の橋で 家族を見ててね!

 
 
ペーターくんのご冥福をお祈りいたします。
たくさん涙を流していいんだと思います。
私もいまだ5年前にお空にかえっていった、ありすを思い出すと涙が出るときがあります。
ペットだけど
大切な家族だと思います。

きっとずっと天国から見守っていてくれているはずですよ。

 
 
makoさんへ

COCOちゃんとの別れは突然だったんですね。
今ならその悲しさが少し分かる気がします。

今はペーターの事を思い出すだけで涙ぐみますが、
それでも忘れる事など出来るはずもないしそれは
ペーターも淋しがると思うので、たくさん思い出し
てみようと思います。
 
 
ミルさんへ

小雪ちゃん達も家族の一員ですよね。
ペーターは家族がケンカするとすごく怖がって
シュンとしてしまうので、結果家族でケンカが
無くなる快挙を成し遂げました(笑)

ペーターの残した宝物を、今度はモモにあげたいと
思います。
 
 
naturaraさんへ

みほちゃんは少し前に虹の橋に行かれたのですね。
ペーターは新米なので、みほちゃんが遊んでくれ
ている事を願います。

我が家では恐らく父が初めに迎えに行くと思う
ので、その日まで楽しく元気に虹の橋で遊んで
くれている事でしょう。
このコメントを父が見ると怒りそうですが(笑)

これからはペーターと同じようにモモとの生活を
大切に過ごしたいと思います。
 
 
ノエルとその仲間達さんへ

5年たってもありすちゃんとの別れは涙する事が
あるんですね。

無理に悲しみを抑えず、今はたくさんペーターの
事を思い出していいと言う事をアドバイス頂き、
少し心が軽くなりました。

私がペーターと築いた関係を、妻ひよことモモにも
是非築いて欲しいと思います。

いつもコメント頂いている皆さん、本当にありがとう
ございます。
これからも私達家族をよろしくお願い致します。

そしていつか、皆さんと出会えるような事が出来れば。
そんな素敵な事を夢見て、その日の為にモモを立派な
家族に育てたいと思います。
 
 
シェットランドシープドック私も昔飼いたいと憧れた犬です。賢くて優しい犬ですね。ペーター君虹の橋を渡ってからもひよこ夫さんやひよこさんに思ってもらって幸せに感じてる事でしょう!

我が家のマンミも7月28日に虹の橋を渡りました。私が前のワンちゃんが急に虹の橋をわたって「もうこんな悲しみは味わいたくない」と言っていた両親に無理にプレゼントしたワンちゃんです。
私が出来ない癒しを私に代わって両親に与えてくれました。そして両親が亡くなってから我が家の子として私たちに笑顔をいっぱいもたらしてくれました。今でもお骨に毎日語りかけています。

考えると色々な思い出が走馬灯のように出てくると思います。色んな場面でペーター君が出てくると思います。それはみんなの心にペーター君がずっといるってことですね。それだけでペーターは充分に思いますよきっとね。
そしてモモちゃんを大切に育てる事がペーターが1番嬉しい事だと思います。
私もマンミは両親と再び巡り会って一緒に楽しくしていると思っています。
大切に育てられた犬は素敵な所でいられるそうです
そう信じてあげて下さいね。
http://www5.ocn.ne.jp/~select/Rainbow.html
 
 
ほんわかさんへ

マンミちゃんもたくさんの人に笑顔をくれたんですね。

「もうこんな悲しみは味わいたくない」確かにそう
思いましたが、それ以上の大切な思い出をペーター
はたくさんくれました。

ペーターの事は生涯忘れることがない私たちの
人生の一部です。
モモとも素敵な思い出が作れたらいいなぁ。
 


 
10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09 11


 
 
モモのこと
 
プロフィール

ひよこ

Author:ひよこ
初めてのワンコとの生活です♪

 
ブログ村に参加しています
      にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
 
 
 
Tree-Arcive
 
よかったらこちらもどうぞ♪
 
カウンター
 
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
 
リンク
 
その他
 
検索フォーム
 
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ARCHIVE RSS